女性の体験談!facebookを使ったアプリOmiaiの評判・口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

恋活マッチングアプリのOmiaiを実際に利用してもらった20代後半の女性の評判・口コミを紹介しています。

Omiaiを通じて結婚まで繋がった女性の方にどうやって出会うまでに至ったのか、どんなやり取りをしていたのかなど詳しくまとめてもらいました。

真剣に恋活したいと思っている人、これからマッチングアプリを使ってみたいと考えている人は、ぜひ評判が参考になるはずです。

Omiaiとは

Omiaiとは、facebookを使った恋活マッチングアプリの一つです。

最近ではSNSが流行っているためどのサービスもfacebookログインをして利用開始する人が多いかもしれませんが、Omiaiが出た当初2012年は、いわゆる出会い系で起こりがちな「なりすまし」を防止するために始まった機能でした。

以前は、メールアドレスを登録すれば利用できるタイプのものだったので、サービスの運営会社が女性のふりをして登録をし、男性会員とやり取りをしてお金を巻き上げる事件が多々起きていました。

そのためサクラや業者を排除するためにfacebookログインは信頼度が高いのです。

 

使い方も簡単で、Pairs(ペアーズ)を使ったことがある人なら分かると思いますが、気に入った異性にいいねを送り、相手も返してくれたらメッセージができるようになる仕組みになっています。

女性は完全に無料、男性は月額制のサービスとなっていて現在180万人以上のユーザーがいる人気アプリでしょう。

 

使った期間、金額

20代後半の頃に約2か月間利用しました。20代までの女性は完全無料で利用が可能でしたので、費用はかかっていません。

30代以降の女性と男性は月額あたりの利用料金がかかりますが、異性を検索し、1通目のメールを送るところまでは無料で利用できるようです。

 

料金プランは以下の通りになっています。

クレジットカード Apple ID
12ヶ月プラン 2,780円/月 3,566円/月
6ヶ月プラン 3,780円/月 4,466円/月
3ヶ月プラン 3,880円/月 4,600円/月
1ヶ月プラン 3,980円/月 4,800円/月

アプリ内で決済するよりもWebでクレジットカード決済した方がお得なので、この裏技は覚えておきたいですね。

 

使いやすかった点

プロフィールの項目が充実しており、居住地域や身長、学歴、職業、年収、休日、結婚歴など詳細な条件を設定して異性の検索ができたところですね。

自分が望む相手を探しやすいだけでなく、相手も自分のプロフィールを理解した上で「いいね」をしてくれるため安心感がありました。

プロフィールの内容から会話を広げることができる点もよかったです。

facebook上の友人とは出会わないようになっている点や、facebook上の友人ではないが知り合いがいた場合はブロックができるようになっている点でも、周りに知られる心配をすることなく利用できました。

Omiaiを使ってみる

 

出会いやすさ

評判:★★★★☆

他のfacebookと連携しているマッチングサイトに比べると会員数は少なかったので、出会える人数は少ないと思いました。

ですが、Omiaiは真剣に結婚相手を探している方が多い印象でしたので、人数は少なくても信頼できる人と出会えるように思いました。

 

私が実際にお会いしたのは1人で、アプリ内のメール機能を使ってコミュニケーションを重ねてから会いました。その方は、20代後半(私より1歳下)の製造業の会社員で私と同じ北陸地方に居住していました。

私のプロフィール写真が好みのタイプだったらしく、最初のアプローチは「好みなのでお話だけでもお願いします」と直球でした。男性側の機能に「いいね」に一言メッセージを添えられるものがあったようで(有料)、それを使ってアプローチをしてきてくれました。

他にも何人もの方に「いいね」をいただいていましたが、有料の機能を使ってまで素直にアピールしてくれる方はいなかったので、そこに真剣さを感じマッチングしました。

 

マッチング後は、最初からガツガツしていたわけではなく、相手はウィンタースポーツが趣味で、私も季節的に自己紹介文にスノーボードに一緒に行きたいと記載していたので、メールのやりとりは趣味の話から始まりました。

そこから、仕事や生活状況などお互いの素性に関する話になり、徐々にキャラクターを理解していきました。

 

実際に会った時には、どんな付き合い方を望むか、結婚相手に求めることなど徐々に結婚観へと会話が発展していきました。

その方も私もプロフィールに顔写真を使用していたため、会ってみて「こんなはずじゃなかった」と思うこともなかったです。

とても誠実で話していても楽しく、その後順調にお付き合い、結婚へと進みました。

 

サクラがいないなどの信頼感

評判:★★★★★

登録時の本人確認などが他のマッチングサイトよりも厳重で、さらにマッチングしていない相手とのメールのやり取りはできないようになっていたのでサクラがいるかもしれないという不安はなかったです。

他のマッチングサイトに比べて利用料金が高めな点でも真剣な人しか利用しないだろうと感じました。

もし、不審な方がいた場合は通報により登録が抹消されるよう安全面への体制も万全でした。

 

機能などの使いやすさ

評判:★★★★☆

機能はとても使いやすく良かったです。

ただ、メールが一時タイムリーに届かないことがあったり、メールを確認するにもアプリを開いてメール画面に行ったりと、LINEに慣れているとタイムラグを感じました。

不都合まではいかないですけど機能で気になったのはその程度です。

 

Omiaiでマッチング率を上げるコツ

キャンペーンを効果的に使う

Omiaiは、随時キャンペーンを行っています。

以前は「同じ出身地」や「インドア派・アウトドア派」といった共通点で相手がわかるキャンペーンにもぜひエントリーしてみてください。

事前にお互いの趣味・趣向が分かりますし、相手からもいいねが来やすくなるので、ログインしたらぜひ参加してみてください。

 

プロフィールの書き方を具体的に

マッチングする上で届けられる情報は、自分のプロフィールと顔写真だけです。当然会ったこともない人とマッチングするためには、「どんな人なんだろう」をより具体的に伝える必要があるでしょう。

もちろん見た目が良ければマッチングする率も上がりますが、プロフィールも充実させておく必要はあるでしょう。

 

載せる情報としては、「仕事・趣味・よく行くところ・どんな目的でアプリを使っているのか」など最低限載せる必要はあるでしょう。

ざっくり「趣味」と書きましたが、ここはより具体的な方がいいです。「音楽鑑賞が趣味です」と言うよりも「AAA/セカオワが好きでライブにもよく行ってます」といった感じで、固有名詞を出すとイメージしやすくて良いでしょう。

Omiaiを使ってみる

 

他のおすすめ恋活マッチングアプリ

Pairs

累計450万人以上、マッチングした数も2700組とfacebookログインを採用したマッチングアプリの中では最大級でしょう。

サイト上には良縁報告(Pairsがきっかけで結婚した人の体験談)がたくさん載っていますし、自分の知人もPairsで出会って5ヶ月くらいで結婚した人がいます。

使い方はOmiaiとほとんど同じなので、マッチングアプリを初めて利用する人でも操作がしやすいと思いますよ!

Pairsの評判をまとめた体験談レポートもあるので、ぜひ読んでみてください。

Pairs(ペアーズ)を使ってみる

 

with

人工知能を使ったマッチングアプリで、分析してあなたの理想の相手を提案してくれるアプリです。

普通こういったアプリは、持っているいいねを消費しながら利用しますが、withは無料でいいねできるイベントが多く、参加しておくと色々お得です。

アプリのデザインもとてもおしゃれで、恋愛のイメージを彷彿とさせるサーモンピンクがメインで女性は楽しく使えると思いますよ!

実際他のアプリと比較しても女性の比率が高いみたいです。

withを使ってみる

 

Yahoo!パートナー

あのYahoo!が運営しているマッチングアプリです。日頃検索サイトとして利用している人も多くいると思いますが、巨大なYahoo!が運営しているので安心感は大きいでしょう。

実際、Omiaiの利用者と比較すると平均年齢が高めな気がするので、婚活を意識した人が多いと思います。

結婚を意識した人にはおすすめのアプリと言えるでしょう。

Yahoo!パートナーを使ってみる

 

マッチングアプリは、ユーザーが多いと出会える可能性は高くなりますが、恋愛以外の目的で使ってる人も一定数出てくるのでメリットもデメリットもあるでしょう。

Omiaiはマッチングアプリの中でもかなりユーザーが多いアプリですが、サイト上にも実際に結婚まで進んだ良縁報告が載っていますし、実績も多くあるので真剣に恋活したい人にはおすすめだと思います。

自分も課金したことがありますが、普段出会えない人と出会えるのでとても良かったです。

 

また、当メディアでは、他にもおすすめのマッチングアプリ恋活アプリをまとめています。

使ったことはないけど出会いが欲しい、家と職場の行き来だけで新しい出会いがないという人は無料で利用できるので、ぜひ使ってみてもらえればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。