出会える確率を上げる!男性向けOmiai(オミアイ)の攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Omiaiは、facebookを利用した出会いのアプリです。

登録をする以上はしっかりとした攻略を考えなければなりません。当然お金を払う必要がありますので、成果を出すことが重要ですが、その時に必要なのがOmiaiの攻略法です。

Omiaiに課金してみたけど、全然出会えなかった、普段使っているけどなかなかマッチしないという男性はぜひチェックしておきましょう。実践することで相手からのいいねも来るし、出会いのハードルも低くなるはずです。

目次

 

Omiai(オミアイ)とは

Omiaiは、国内でも一番最初にfacebookログインを使ったと言われているマッチングアプリです。

「恋愛に真剣な人しか使ってほしくない」という運営側の狙いもあって、恋愛目的以外で利用している人がいたらイエローカードという注意の札が貼られたり、退会させられる可能性もあります。

それだけ恋活・婚活向けのアプリなので、真摯な出会いを求めている人にはおすすめです。

Omiaiを使ってみる

 

プロフィールの書き方

Omiaiでは自己紹介文の書き方などと呼ばれています。自己紹介文は、何も書かない人もいますが、何も書かないときは写真がかなりよくても相手からの反応がないのが現状です。有名人や芸能人などであれば別ですが、普通は何も書かなければ、まず女性からの反応はないでしょう。

自己紹介文を書くときには、多くの人がある壁に当たるはずです。それは、自分は自慢できることや紹介することがないといった不安感です。

特別な資格を持っていたり、海外で生活をしていた経験があったり、年収がやたらと高い、見た目が芸能人並みに良いなど特別なステータスを持っていれば別ですが、そうではなく普通な人がほとんどです。そのような人は何を書いたらいいのか分からないので、書かない人もいます。

ですが、普通の人ほど文章を書いてほかの人と差別化をするしかありません。

最低限載せるべき情報

  • 趣味
  • 仕事
  • なぜOmiaiを使ってるのか(普段なぜ出会えないのか)
  • Omiaiでは、どんな人と出会いたいのか

上の4つは、最低でも載せましょう。

Omiaiの場合、自己紹介文は1000文字まで書くことができますので、一つの話だけではなく、趣味や仕事の話、将来の夢など様々なことを書いてみるのが良いです。

1000文字すべてをびっしりと書く必要がありませんが、少なくとも200文字から300文字ぐらいは書けるようにしましょう。それぐらいの分量を書かないと相手に伝わるものが伝わらないからです。

 

顔写真を載せるコツ

Omiaiは、他のアプリに比べると多くの人が自分の顔写真を載せています。これは、facebookを利用しているからといった理由もあります。もし自分だけ顔写真を載せていなければ、それだけ不利になると考えて間違いないでしょう。

顔写真は、アップにし過ぎてもよくありませんが遠すぎても分かりにくいです。顔が確認できるほどの距離で写真撮影をするとよいです。できれば全身が写っているものがよいですが、それが難しければ上半身だけでも載せておくことが必要になります。

NGな写真の例

  • 鏡ごしの自撮り
  • 異性が写っている写真
  • SNOWでの加工
  • 顔が見えない

 

キャンペーンを活用

本日のPickupメンバー

1日の最初にログインしたタイミングで、「本日のPickupメンバー」という形で無料で10人にいいねを送ることができます。

いいね自体を減らさずに利用できるので、1日1回習慣づけると良いと思います。

 

Omiaiは、相手に対して「いいね」を送ると相手が「いいね」を返してきたときにマッチングをすることになります。もちろん相手から「いいね」をしてくることもあり、その相手が気に入れば自分から「いいね」をお返しすればよいことになります。

ただし、この「いいね」は毎月30個しか持っていないため、むやみに使うことはできません。ですが、キャンペーンを利用することで「いいね」の数を何倍かに増やすことができます。

当然その数が増えれば、出会うチャンスは増えます。キャンペーンが開催されるのは不定期になるので、毎回情報を確認するようにしておきましょう。

 

ファーストメッセージの送り方

この時は、一言お礼を述べて、必ず何か一つ質問を入れておきましょう。文書は長くなくても構いません。

20文字ぐらいでは少ないですが、100文字程度あれば十分でしょう。

質問がないとそこで会話が終わってしまう可能性があります。当たり障りのない相手の趣味などに関して質問をするとよいです。相手が返事をしてきただけでなく、相手がこちらに対して質問してくれば脈ありと言えるでしょう。

 

LINEに移行するコツ

LINEに移行するコツは、相手と親密な関係を結べたした時に行いましょう。相手と親密な関係になれた時とは、一概に決まっているわけではありませんが、頻繁に連絡のやり取りをしているときを指します。

1回か2回相手にメッセージを送信しただけでは親密とは言えません。メッセージの往復回数でいえば5回から10回程度、やり取りの期間でいえば1週間から2週間ぐらいの時間をじっくりかけて行うべきです。

あまり焦ってもいけませんが、メッセージを送信するのが遅くなるのも問題です。相手は自分に興味がないと思われてしまうかもしれません。特に女性は自分から返事をするよりも、男性の返事を待っていることが多くなります。

そのため、適切なタイミングでLINEに誘いましょう。

 

他のおすすめアプリ

with

メンタリストのDaigoさんが監修している性格診断を使って相性の良い相手を見つけられるアプリです。

サーモンピンクを基調としていてデザイン的にもかなり使いやすいのが特徴ですね。

他のアプリと比較しても女性の割合が高いので、どこに住んでいる方でも出会えるチャンスはあると思います。

withのアプリを使ってみる

 

ゼクシィ恋結び

リクルートが運営しているゼクシィの出会いを探せるアプリとなっています。

使い方は、Omiaiと同じで初めて使う人でも難しいことはないでしょう。かなりプロモーションに力を入れているので、会員数も勢いよく伸びてきています。

いろんな人とマッチングしたい男性はぜひ使ってみてください。

ゼクシイ恋結びのアプリを使ってみる

 

以上、Omiaiの攻略法をまとめました。

Omiaiは、200万人以上が利用するアプリで、毎日新しいユーザーも登録しています。

また、相手との相性も%でマッチ度が表示されるので、相性が良く自分のタイプであればぜひいいねを送りましょう。女性は男性以上に相性を大事にする人が多いので、マッチングできる確率も高くなるはずです。

 

当メディアでは、他にも婚活アプリマッチングアプリ恋活アプリをまとめています。

使ったことはないけど出会いが欲しい、家と職場の行き来だけで新しい出会いがないという人は無料で利用できるので、ぜひ使ってみてもらえればと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。