facebookのマッチングアプリwith(ウィズ)の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

withというマッチングアプリを6ヶ月間、実際に利用した20代女性の体験談を紹介しています。

実体験をもとにお話してもらっているので、評判としては正確でしょう。

最近マッチングアプリの中での評判も良く20万人以上利用しているアプリです。

withの体験談

 

withの利用期間・料金

女性としての登録で、有料機能を使用していないので、かかった費用は0円です。

有料機能もありますが、使用せずとも十分に出会う事ができます。

男性の方はメッセージを1通見るためにお金がかかるようです。

 

withの使いやすいポイント

使いやすいポイントは、相手からもらったイイネを確認した際に、相手の事を「いいね」、「スキップ」、「なし」3つに分ける事ができる点です。

他のサイトでは、スキップを選ぶことができないところもありますが、withの場合は、悩んだ時はスキップをすることができ、後からもう1回スキップした男性方を見直すことができます。

アプリ自体も重くなく、接続がスムーズなので、直ぐにチェックができ、メッセージのやり取りもスムーズに行うことができました。

withを使ってみる

以下より、withの評判が気になる方向けに5段階で評価しています。

 

会いやすさ

評判:★★★★★

私自身が田舎で人口が少ない所に住んでいることと、他のサイトよりも知名度が低いためか、地元の登録者が少ないです。そのため、地元の男性からのいいねは少なかったですが、近県・遠方(特に関東)の男性方からは多くのいいねを頂きました。

仕事で忙しく出会いが無い、そんな時にサイトを見ていて、写真やプロフィールを見たところ好感を得たからという理由でした。あとは、メッセージのやり取り上で、自分自身が会ってみたいと思ったら会うようにしていました。

お会いさせてもらった方は3人でした。

1人目

1人は初対面からスキンシップを仕掛けてくることが多く、警戒心を抱きました。

その方とは、1回きりで、その後はお会いしていません。

2人目

2人目は、とても誠実な方で、紳士的でした。お給料がそんなに良い方ではなく、あまり積極的にはなれていない様で、食事も割り勘でした。

好感がもてる方で、半年以上たっている今も、月に1回以上は会っています。

3人目

3人目は、とても裕福な方でしたが、チャラいイメージがあり、女性慣れをしている様なタイプでした。しかし、人当たりは良く、優しい一面もあり、私とは良い関係で接していきたいというような感じでした。

友人という関係で、たまに連絡をとったり、良き相談相手のような関係で続いています。

 

サクラがいない信頼感

評判:★★★★☆

サクラがいないかどうかは、他のサイトよりも比較的信頼感はあります。サクラの男性はお見受けしませんでしたが、やはり、自身がやっている会社や取り組みの勧誘をする方とは知り合いました。

LINEIDを交換していからそういった勧誘のLINELINE電話がくるため、LINEや番号等を交換するまでは見分けがつきにくいことが多いです。こういった行為をする方は10人に1人もいるかいないかの割合だったので、他のマッチングアプリと比べると、勧誘目的の男性も少ない方だと思います。

勧誘に合いたくないため、LINEの交換に関しては次回からは、一度会ってからにした方が良いかなと思いました。

これ以外には特に問題視する様な人いないため★4としました。

 

機能の使いやすさ

評判:★★★★☆

機能の使いやすさは、とても良いです。

前半に述べたようにサイト自体が重くないため、開きやすい点と、男性のカードを3つに分類する事が出来る点です。

その他にも参加グループというのがあり、「タバコは吸いません」や「○○が好き」、「○○やりたい」といった、その人その人の趣味や生活観などを知ることができる機能があります。

自分自身もグループを検索して入ることができるため、自分と趣味や考え方が合いやすい人と出会いやすいです。プロフィール設定の細かさは他のサイトと同様ですが、細かく設定されている人を見つけるとその人のことを、より知ることができる点は良いです。

ただ、メッセージが既読されているのか、されていないのかがわからないので、そこも確認することができたら「心のもやもや感が晴れる!」と思ったので、その点も踏まえて★4つとしました。

 

以上、withを利用した評判をまとめてみました。

特に女性は無料で利用できるので、マッチングアプリを使ったことがないという人でもおすすめです。

withを使ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。