外国人と出会える!海外発のおすすめ出会いアプリ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外で人気のマッチングアプリを厳選して紹介しています。

「外国人と付き合ってみたい」「海外の友達が欲しい」なんて思っている人は、ぜひ利用してみてください。

アメリカ発のアプリが多いですが、いろんなコンセプトのマッチングアプリが多くて個人的にも面白いですね。「初めて聞いた!」なんてものも多いと思いますが、その国では人気のアプリが多いので、海外旅行や海外出張の際に役立つかもしれませんね。

現地の友達、日本にいながら海外の人と出会いたい人は、使ってみる価値はあるでしょう!

マッチドットコム

料金

・有料会員:3,980円(相手を探すだけなら完全無料)

 

世界で最も大きく、利用者数が多いと言われているマッチドットコム。

ネットで出会うという文化が根付く前から運営されていたサービスで、マッチングの実績や運営の年数で言えば他のアプリを圧倒しています。

居住国で検索かけることもできるので、海外好きな日本人や日本に住んでいる外国人だけを絞って調べることもできます。海外のマッチングアプリを初めて利用するという方は登録しておいて間違いないでしょう!

マッチ・ドットコムのサイトへ

 

Sweet Ring

料金

・男性:4,000円/月(有料会員になるまでは基本無料で利用可)

・女性:完全無料

 

台湾で生まれたアジアやアメリカでよく利用されているマッチングアプリで、全世界で数百万人という人が利用しています。

いいねを送るマッチング機能はもちろん、結婚観や相手に聞きたいことを事前に知れる質問機能など、機能も多く使いやすいデザインなので、とても人気なのでしょう。

台湾の女性って綺麗な人が多いし、男性も紳士的な人が多いイメージなんですが、日本人にとっても価値観の合うすごい良い国だと思います。日本人ももちろん登録しているので、似た価値観を持っている人を探すのには良いでしょう。

Sweet Ringのアプリへ

 

Tinder

料金

240円/1ヶ月

 

位置情報を利用した無料のアプリ

アメリカで始まったサービスで、現在は全世界で利用者約3000万人以上になると言われえいるアプリです。日本で流行り始めたのは2年ほど前からで芸能人の渡辺直美がTVで紹介したのがきっかけと言われています。

SNSのFacebookと連動していることなどもあり、比較的安心して利用できるのもポイントです。

海外から始まったサービスなこともあり、海外の方が多く登録しているので日本人以外の人との出会いを求めている人に向いています。最近では日本人の登録者数も増えているのですが、割合的にはまだまだ海外の人の方が多いようです。

男女ともに基本的には無料で始めることができるので手軽に使用できます。オプションとして課金サービスもありますがほとんど課金せずに十分楽しむことができるかと思います。

写真と経歴、紹介分をみてサクサクできるのも人気のひとつです。

Tinderを使ってみる

 

Hinge

Facebookを利用した無料のアプリ

アメリカで始まったアプリで、Facebook上にいる自分の友達の友達の中から自分の条件に合いそうな人を検出してくれてマッチングしてくれるので安心して利用できるのがポイントです。使い方もとてもシンプルで条件などを登録したら毎日5~10人くらいを紹介してくれます。完全無料で利用できます。

日本ではしっかりとしたリリースがないので利用者はアメリカの人が中心となっています。

<料金>・・・無料

Hingeを使ってみる

 

Tastebuds

音楽を通して出会いができる欧米発の無料アプリ

iPhoneミュージックライブラリを通して同じ趣味の持った人、音楽の趣味が合う人などを探してマッチングを楽しむことができるサービスです。

連動型の音楽系アプリなどがあればそこから自動的に相手が表示され、気になった人のみに連絡することができます。さらに嬉しいのが、メッセージだけでなく、好きな音楽を送ることもできるので好きな音楽の共有から距離を近づけていくことが可能です。

若い人が比較的多い印象ですがこれから人気がでていきそうなアプリのひとつです。

<料金>・・・無料

Tastebudsを使ってみる

 

Bumble

料金

無料

 

女性目線で作られた無料アプリ

写真やプロフィールを参考に、気になる人がいたら「いいね」ボタンを押してマッチングさせるというタイプです。
他のアプリと違うところは、マッチングしても女性からしかメッセージを送ることができない点です。また、マッチングしてから24時間以内に送らないとマッチング解除されてしまうのがポイントです。

Bumbleを使ってみる

 

The League

料金

無料

 

金融と広告ビジネスで働く人たちの本格的な出会いアプリ

アメリカのサンフランシスコから始まったサービス。

20代後半以降の大人な男女で仕事も金融や広告ビジネスなど、仕事などを重視したクオリティの高いアプリです。誰でも参加できるようなものでもなく、一定の条件をクリアした人のみなのも特徴的です。登録は無料。

The Leagueを使ってみる

 

happn

料金

360円/10クレジット(1クレジットで1チャームを送信できる)

 

日常生活の中で出会った気になる人と繋がれるかも。

フランスで始まったサービスでFacebookと連動している。

道を歩いているときなど、気になる人などがいたらリアルタイムで表示をしてくれ、お互いが気に入ればメッセージのやり取りができるアプリ。人の多く集まるところなどで行うと出会いも期待できます。まだ日本では利用者数は少ないようです。

happnを使ってみる

 

TheCatch

料金

・男性:1000~10000円の課金制

・女性:無料

 

女性から男性に質問をしながら出会いをするアプリ(無料)

アメリカ、ニューヨークで始まったアプリで、女性が男性に質問をし、気になる人がいればやりとりができるという女性有利のサービスです。

他との違いは、見た目やステータスで選ぶのではなく中身を考えるという点を重視しているところです。

TheCatchを使ってみる

 

Dapper

料金

・男性:19ドル

・女性:9ドル

 

実際に会うのを目的としたアプリ(出会いまでは無料)

アメリカで始まったサービス。このアプリの特徴は、メッセージなどのやりとりを省き、マッチングをしたら実際にレストランで会うというサービス。レストランとは提携しているので、1回のデート毎に男性が19ドル、女性が9ドル支払うビジネスモデルです。

会う際のレストランの費用として男性19ドル、女性9ドルの支払い有。

Dapperを使ってみる

 

The Dating Lounge

料金

無料

 

一部の人しか利用できない、紹介制の出会い系アプリです。

厳選された人のみしか利用できないので上質な出会いを求めている人が好んでいるようです。

ただ、紹介制なので利用者数は少なめです。登録は無料。

The Dating Loungeを使ってみる

 

Wyldfire

料金

無料

 

女性のみが自由に登録できるアプリ。

まだ日本では配信されていなく、海外SIMを持っていれば登録ができるそうです。

女性からの招待がないと登録ができないので、女性側からすると変な人はいない可能性が高いので女性としては安心して利用できるところが大きなメリットです。

Wyldfire

 

以上、海外のマッチングアプリを紹介してきました。

日本にいながら外国人の友達が作れるアプリもどんどん増えてきているので、語学の練習にもなるでしょう。

当メディアでは、他にもおすすめのマッチングアプリ恋活アプリをまとめています。

使ったことはないけど出会いが欲しい、家と職場の行き来だけで新しい出会いがないという人は無料で利用できるので、ぜひ使ってみてもらえればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。